profile


maiye

サロン・ド・シャポー学院にて出会った帽子作

家5人のユニット (現在、4人で活動中)

年に1度、作品展『おいしい帽子店』を開催

その他、デザインフェスタ出展、セレクトショップ

での販売、オーダーを受けての製作等で活動中

AYUMI WATANABE   渡辺 あゆみ

 

文化服装学院服装科卒業後、サロン・ド・シャポー学院にて

帽子作りを学ぶ。

 

作るのは、大すきな映画や本の世界からイメージした

遊び心と物語のある帽子。

かぶると、お話の登場人物になった気分を味わえるような帽子。

そして、デザイン性だけでなく、丁寧な手仕事と裏の裏まで見てもらいたい

美しい仕上がりの帽子を心がけている。

 

『cottopan』という名前でアクセサリー製作も行っている。

 

FLAIR by maiko  佐藤 麻衣子

 

大学卒業後、サロンド・シャポー学院にて帽子作りを学ぶ。

 

帽子が必需品であった時代のクラシカルな雰囲気に憧れつつ

インスピレーションを大切に しながら、

一見奇抜な帽子がかぶると不思議としっくりくる

シンプルに見える帽子がかぶると他にないデザインだったり・・・

そんなギャップのある帽子を

細部にまでこだわりながら製作している。

KICHI   濵田 吉子

 

長崎県出身

サロン・ド・シャポー学院卒業。

 

「ありそうで、ない」を追求したタック使い。

永遠に持っていたいと思わせるクラシックなボタンやレースモチーフ。

ずっと前から自分の帽子だったような・・・

しっくりとなじむ帽子たち。

「ひかえめだけど芯のある」女性像を帽子で表現していきたい。

 

Roue   柳田 絵美

 

東京モード学院ファッションデザイン学科卒業後、

パタンナーとして勤務、その後サロン・ド・シャポーにて 帽子製作を学ぶ。

 

「Roue」は、「Grande Roue=観覧車」からとった単語

くるくるまわる観覧車みたいに、被ると気持ちがわくわく動きだして

おしゃれをしておでかけしたくなる帽子。

大人のエレガンスさも、少女のようなかわいさも

演出できるようにふたつの雰囲気をもっている。

パリで「Grande Roue」と呼ばれている移動式の観覧車が

集まる人々を楽しませているように

出会った人たちに帽子を被る楽しさを広めたい。